CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 『回想散歩2』 | main | 『very merry christmas!』 >>
『我が心のあのシーンあの音楽達 vol.2』


とにかく統べてにおいて大好きな映画「un homme et une femme」(1966年仏)ドキュメンタリー・タッチで撮ったフィルムやアングルの中から質感や吐息まで伝わってくる。それぞれ妻と夫を亡くした男と女が出逢うというシンプルなストーリーだけど、とても切ないし愛に溢れた上質な恋愛映画だと思う…ヒロイン、アヌーク・エーメがたまらない〜!素敵〜!何より音楽〜!前回は、アメリカのバート・バカラックだったけど、今回はフランスのフランシス・レイ。全編に渡り彼の音楽がとても切ない、キュ〜ンとしちゃう〜!で、中でも大好きなシーンがこれ。出演もしてるけど、歌でも関わっているフレンチ・ボサノヴァの火付け役、大好きなピエール・バルー!(昨年の秋頃、四ッ谷のカフェでコーヒー飲んでたらサクサクと店に入って来てエスプレッソ頼んで立ったままくいっと飲んで出て行った外人を見た。ピエール・バルーだった…)女(アヌーク・エーメ)の回想シーンでピエールが唄う「ボサ・ノヴァ・サラヴァ」一寸慌ただしくなって来た年の瀬のヒトトキに…。


| 『我が心のあのシーンあの音楽達』 | 15:18 | comments(0) | - |
コメント
コメントする