CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 『Nataliya』 | main | 『恵み』 >>
連載『一枚の写真。』-vol.6-



秋の例祭。

今日、明日と我がスゥイート・ホーム篠山では秋祭りが行なわれている。それはそれは雅びな世界、小京都といっても過言ではないほど…。(詳しくは昨年10月16日のブログを)
 この写真はたしか3年生か4年生の頃。なんか旅芸人みたいだが街の男の子達は、このスタイルで太鼓御輿に乗り込み大きな太鼓を叩き大人たちは神輿を担ぎ街を練り歩く。生涯で一度だけ乗るこの日のコトしっかりと覚えている。べたべたに塗りたくった化粧の匂いと金木犀の匂いと大人たちの酒臭い匂いが黄昏れ時の秋の風に吹かれて街に消えて行く…。化粧と衣装の準備が出来ると父の肩車でボクらの神輿まで歩いて行く、誰よりも高い目線でのしのしと歩く父の肩車に乗って不安と期待と興奮が入り交じる中「ボクは男になるんだ」のような気持ちでいたように覚えている…。今年も同じ様に街の男の子達は同じキモチであの太鼓神輿に乗り込む、文化というコト。それからなにより、年に一度のこの例祭を心待ちにしている男達の鼓動が聴こえる聴こえる…。嗚呼、帰りたいスゥイート・ホーム篠山。
| 一枚の写真 | 11:27 | comments(6) | trackbacks(0) |
コメント
祭り囃子がきこえる・・・昨年帰った時はどしゃ降り。ウチは雨女かな・・帰りたいな。ホンマに帰りたい。
| bバーロン | 2006/10/14 9:36 PM |
帰りたいのは、篠山なのか?あの日なのか?・・・帰りたい、帰れない・・・カントリーロード。でも、心の中にもあるであろう青い法被姿、その時の空気、におい、音・・・とてもすてきです。
私の中には、暑い夏の山で食べたぬくもったスイカの甘さ・・・かな?
| はお | 2006/10/14 11:16 PM |
30年前の『一枚の写真』のまさくんと同じカッコウをした子供達が 篠山の夜「よ〜いさんじゃ」と今年も誇らしげ。おみこしをかつぐシローくんやまさくんはかっこよかったなあ・・・。帰ってこないの? 賑やかな春日神社とうって変わって、うちの氏神さん「居籠神社」の祭礼は早朝6時から、何と明治神宮の貴乃花の結婚式を司った宮司さんが来られて厳かに静かに執り行われます。シローくんはいつからか町の秋祭りより、この静かな鄙びた神社のお祭りを愛するようになりました。10歳の息子も緊張して横に並びました。彼もこれを受け継いでいくんかな。スイートホームささやま・・・!
| 篠山U子 | 2006/10/15 8:52 AM |
バーロン:僕らいつも同じコト言ってるね…
はお:キミは鋭い!痛いトコロ突かれた…この街に来て25年にもなるのにね。
U子:そう…いいお話。彼は頑張ってる?しばらくは遠くで見守るコトにしました。
| Rolling | 2006/10/16 2:47 PM |
お祭りもそろそろ終盤です。

ところで、細野晴臣のLP
はらいそ が 押し入れにありました。

横尾忠則とかが好きだったのできっと
買ったのかな?
ハッピーエンドも1枚ありました
| たまちゃん | 2006/10/16 10:14 PM |
たまちゃん:ようこそ、いらっしゃい!買った記憶がないの?「はらいそ」名盤であります!ちょっと控えめな横尾ワールドの頃ですね。渋い女の子やね〜!細野氏もはっぴいえんども僕にはとても大きな存在です!ありがとう!
| Rolling | 2006/10/17 12:21 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rollingdays.jugem.jp/trackback/248
トラックバック