CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< パフォーマンスということ。 | main | 東京。 >>
秋の例祭。
昨日、今日と我がスゥイート・ホーム篠山では秋祭りが行なわれている。それはそれは雅びな世界、小京都といっても過言ではないほど・・・。もう何年も帰ってないけど大好きな祭り。詳しく説明すると(篠山のサイト「ホッとささやま」より)『10月15日16日と丹波地方最大の篠山春日神社の秋の例祭が執り行われます。
9台の鉾山、8台の太鼓御輿、4台の神輿が丹波篠山を一層秋色に染め上げます。
春日神社の祭礼に巡行する山鉾は篠山では鉾山と呼び、三笠、鳳凰、孔雀、高砂、剣鉾、猩々、諫鼓、蘇鉄、鏡の9台がそれぞれの飾りとお囃子で巡行します。』
この夜の部の太鼓御輿がたまらなく男の世界!普段静かに暮らす男たちがこの日ばかりは弾ける、大声で「よ〜い、さんじゃ〜!」と重い太鼓御輿を担ぎ町を練り歩く。東京も神輿は盛んだけど、僕に言わせれば子供魂。あんな小っちゃい神輿に何人もの男や女がよってたかって「ソイヤソイヤ」などとカタチにこだわる祭りとは訳が違う。とにかく重い、でかい、そうそう軽々と持ち上がらない。黄昏れ時あたりから冷や酒を呑って、恵みの黒豆を食べて各町ごとに男たちはゆらゆらと神輿を担ぐ。そして春日神社に集結する。境内に入るとみんなに緊張が走る、忘れかけてた暴走心がメラメラと沸き上がる。無茶をしないように警護が押さえつつも、あんなに重く担いでた神輿が境内に入ると軽々と持ち上がり入り乱れる。あ〜ジャパネスク。それから全員で町の収穫を祝いお手を拝借。また、霧の混じった夜の町を重い神輿を担ぎゆらゆらとそれぞれ帰って行く・・・。
僕はこの祭りが好きだ。
*写真上が鉾山、下が太鼓御輿。

ホッとささやま-丹波篠山コミュニティサイト-
| ヒ・ト・リ・ゴ・ト | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
何十年振りに秋祭りにかえりました。あいにく宵宮は雨で残念やったけどまるで当時にかえったかのように祭り囃子にどきどきした。友達にかこまれ懐かしい話をしてここにもっさんがいたらなと何回おもったことか。来年こそ・・・
| バーロン | 2005/10/17 8:59 PM |
よかったやん!R介には会えた?どんな時代になってもどんな町になっても変わらないモノがあるのはいいよね。勿論そのモノの中に居れたらもっといいんやけど・・・。
| Rolling | 2005/10/19 1:31 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rollingdays.jugem.jp/trackback/21
トラックバック